青い鳥広場


手軽にできて、健康づくりに役立つ!「ウォーキング」をご紹介します。

健康維持やリフレッシュのために続けたい有酸素運動です。

手軽にできる有酸素運動として人気が高いのがウォーキングです。健康維持やリフレッシュに役立つのはもちろん、判断力や注意力などに関わる「認知機能」の向上にも役立つと言われています。今回は東京都健康長寿医療センター研究所が推奨する、ウォーキングプログラムの一部をご紹介します。いつもの暮らしに無理のない「歩き」をプラスすることから始めてみませんか。

始める前に、必ずご確認ください!

健康のために長く続けたいウォーキング。身体に負担がかからないよう、以下の条件に当てはまる方は開始前にお医者様にご相談ください。

70歳以上の方で、普段からあまり運動をしていない方。
下記のチェックリストで、該当する項目がひとつでもある方。

歩く前に、準備運動をしましょう

ウォーキング前だけでなく、信号待ちの時や歩き終わった後に行うのもおすすめです。
翌日の疲労感が軽くなります。

さぁ、ウォーキングを始めましょう!

大切なのは、生活の中で歩く時間を増やすことです。意識して少しずつ増やしていきましょう。
また、1日5分以上の早歩きを取り入れると、有酸素運動の効果がより期待できますよ。

※厚生労働省「健康づくりのための運動指針2006」より

無理をしないことが一番大切です。(一時的な筋肉痛は、不安に思わないようにしましょう。)
歩き終わって1時間経っても疲れがとれていないことはありませんか?そんな時は、少しスピードを落としましょう。
ウォーキングの前後は、必ず水分を摂りましょう。
昼間の暑い時間や雨の日などは、無理をして歩かないようにしましょう。

適した靴を選びましょう!

かかとが柔らかく土踏まずがしっかりと支えられ、靴先に少し余裕のある靴がおすすめです。
[歩きやすい靴であれば、特にウォーキングシューズを用意する必要はありません]

■出典:地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター東京都健康長寿医療センター 研究所(東京都老人総合研究所)
詳しいプログラムはパソコンでご覧頂けます。 http://www.tmghig.jp/J_TMIG/images/publication/pdf/textbook.pdf

1週間ウォーキングカレンダーをダウンロード

上のダウンロードボタンをクリックすると印刷用のデータが表示されます。ぜひご活用ください!