青い鳥広場


ずっとバスケットボールを続け、「歳を重ねてもやれる!」見本でいたい。

バスケットボールの選手として、また指導員として、20年以上もご活躍されている山口様にお話を伺ってきました。

バスケットボールを長年続け、シニア全国大会の常連チームで頑張っています。

ー バスケットボールはどれくらい続けておられますか?

山口 様 高校・大学でバスケットボール部に所属し、その後実業団でプレーしました。それから20年ほど遠ざかっていましたが、47歳の頃、教室を見つけて通うようになったんです。2年間1日も休まず通ったからか、指導員をやってくれと言われました。真面目さを買われたようです。選手としてチームでプレーも続けています。教室での指導を終えたら、チームで練習。どちらも、もう20年以上になりますね。私が所属するチーム「シニアギャロップス」は、強豪なんですよ。大阪はもちろん、全国大会でも名が知られているんです。

ー シニアの大会で優勝されたそうですね。

山口 様 毎年開催されるシニアの全国大会、八幡カップでは、いつも準決勝・決勝へ進出し、何度も優勝しているんです。チームメイトはほとんどが50代で、他のチームでも、80歳は私くらいです(笑)。各地の常連チームが集まるので、全国に顔見知りが増えました。中には「山口さんのようになりたい」と言ってくれる人もいて、ありがたいですね。最近では、日本バスケットボール協会主催の公式戦、スーパーシニアのクラスで優勝しました。しかもシュートを決めたんです。出場者の中で最高齢だったので急遽表彰されて、とてもうれしかったです。

自分に厳しく、健康維持への努力を怠りません。

ー 元気にバスケットボールを続ける秘訣は?

山口 様 1年で3700km歩くのを目標に、毎朝10kmウォーキングをしています。途中でストレッチや腕立て50回、雲梯で懸垂もするんですよ。それと、料理が得意な女房がつくってくれる食事ですね。いつも4人分用意してくれるので、私が3人分食べるんです(笑)。よく運動している分、よく食べる。あとは、10年以上続けているグルコサミンですね。「力をもらっている」と、信じて毎日きちんと摂っています。健康維持のために、努力していますよ。

ー 今後の目標を教えてください。

山口 様 プレーヤーとして、バスケットボールをずっと続けますよ!ドクターストップがかかるまではね(笑)。年寄りだからって、手加減されたくないんです。自分に厳しく努力を続けて、「いくつになってもできるんだ」と、みんなに思ってもらえるような存在になりたいです。


お話を伺って、年齢にとらわれることなく、妥協せず努力を続ける行動力と精神力に、強く感銘を受けました。「人はいくつになっても頑張れる」ことを教えてくださった山口様、本当にありがとうございました。私も山口様のように、何事にも全力で励みたいと思います!

(製品担当 今井)

大阪府豊中市 山口 善治様 (80歳)