青い鳥広場


桃 ー 気立ての良さ

[花ことば] 気立ての良さ

桃は中国原産のバラ科モモ属の落葉小高木。3〜4月頃に白や赤、ピンクの花を咲かせます。最近は気温の変化で早く咲くこともあり、梅か、桃か、桜かと判断に迷うことも多いですが、花びらの先端が丸いのが梅で、先端が尖っているのが桃。そして先端が割れているのが桜です。日本では、縄文時代以前から栽培され、江戸時代になると改良が進み、花を楽しむ「花桃」と食用の「実桃」に分けられるようになりました。ピンク色の花は女性を。たわわになる実は豊かさや実りの象徴として。花言葉の「気だての良さ」には女児の健やかな成長を祈る意味が込められています。また、桃の花は可愛らしさとともに厄除けや魔除け、長寿をもたらす霊薬としての力を持つとされています。そのため、パワーのある生命力の象徴として桃の花を、ひな祭りに飾る習慣が続いています。