青い鳥広場


梅(白梅) | 気品

梅(白梅)

[花ことば] 気品

梅は中国原産、バラ科サクラ属の落葉高木。江戸時代に日本でも品種改良が盛んに行われ、いまでは300種類以上の品種が存在すると言われています。
現在、お花見と言えば桜ですが、奈良時代までは梅が主流で、梅見を楽しむ人々の姿が浮世絵などに描かれるなど大変人気があったそう。園芸学上は、花梅と実梅に分けられ、観賞用として愛される花梅は、実が小さめで酸味や苦味があり、実梅の実は食用として梅干しや梅酒などに加工されます。
まだ寒い季節から早春にかけてつぼみをつけ、甘い香りを漂わせつつ次々と咲く白梅の花言葉は「気品」。雪が舞うような寒さの中、清らかに咲く白い花が、にじみ出るような美しさ、奥ゆかしさを感じさせたのでしょう。厳しい寒さが続くこの時季、梅の便りが待ち遠しいですね。