青い鳥広場


青い鳥ニュース: 紅麹菌の研究成果について、小林製薬の研究員が「発酵と酵素の機能食品研究会」で発表しました。

今年6月、「発酵と酵素の機能食品研究会」の第3回定期大会が開催されました。今大会では大学や企業の研究者が、紅麹や多穀麹、発酵野菜粉末など素材研究を発表。
小林製薬は世界に先駆け、伝統的な発酵法による紅麹菌の大量培養に成功しており、今回は研究員の久野から、紅麹菌の発酵過程における色素と有用成分の変化を分析した研究成果を報告しました。

紅麹菌は非常にデリケートな素材なので、温度や湿度を管理し、状態を確認しながら43日間試験を行いました。その結果、発酵が進むにつれて色や形態が変化すること、また発酵によりつくり出す成分の時期や量を紅麹菌が調整している可能性があることを確認しました。
これら代謝成分の変動を解明できたことで、紅麹菌の発酵法の改良・発展の糸口に、ひいては今後のより有用な紅麹原料の開発につながると考えています。

今回の研究成果や大会を通じて得られた情報を製品の開発・改良に活用してまいります。