青い鳥広場


人も書も、付き合い始めたらとことん長く。

とにかく字を書くのがお好きで、毎日何かしら書き留めていらっしゃる黒川様。健康づくりやご趣味のことなど、どのような毎日を過ごされているのかお伺いしてきました。

自分なりの健康づくりを続けています。

ー 黒川様の健康法をぜひ教えていただきたいです!

黒川 様 私の三種の神器は、「自家製のにんにく醤油漬け・高麗人参酒・グルコサミン」。
にんにくは40年、人参酒は20年ほど続けています。グルコサミンを摂り始めたのは、毎日洗い物や歯を磨く時にずっと立っているのが大変で…。今は休憩を挟まなくてもできるので楽ですね。
ほかにも、できるだけ初夏は厚着で、初冬は薄着で過ごすなど季節の変わり目の服装に気をつけ、“健康五ヶ條”も意識して続けています。
「一日一万歩」だけは、なかなか達成できないんですけどね(笑)。

とにかく書くことが大好きです。

ー 達筆でいらっしゃいますね!書道は長くされているのですか?

黒川 様 昔から字を書くのが好きで、高校の選択授業で書道を選んだほどです。気になった新聞記事を、毛筆で書き写して感想を書くということを20年以上続けていました。若い時からやってみたかった写経にも挑戦したんです。
1巻完成させるのに何日もかかりましたが、少しずつ続けて20巻も書き上げました!

年賀状も、送る人に合わせて、干支のイラストやメッセージを筆で一枚一枚手描きするんです。高校の同窓会の案内状は、前回の出欠を見ながら、一人ひとりに一言添えています。
昔から世話好きで、高校の野球部の連合OB会を立ち上げたりもしましたね。おかげでいつの間にか顔なじみが増え、100枚以上も年賀状を送るようになっていました。
趣味もそうですが、人付き合いも長く続いていますね。

ー 他にも長く続けられていたことはありますか?

黒川 様 80歳までは野球人生でした。高校時代はピッチャーで、キャプテンもしていました。社会人になってからは軟式野球で国体に出場したこともあるんですよ。定年退職してからは地域のソフトボールチームで監督兼ファーストをしていました。60代から数年、神戸市代表としてねんりんピック(全国健康福祉祭)にも出場しました!

ー 毎日充実されていますが、これからやってみたいことはありますか?

黒川 様 料理のレシピや家計簿など、とにかく書き留めることが好きなので、ずっと書道を続けたいですね。また、80の手習いとして始めたしんらんの書「しょうしんねんぶつ」の写経や暗唱をできるように頑張りたいです。自分自身でやってみようと決めたことは、これからもとことん突き詰めていきたいと思います。

◾️研究員 小林より

黒川様は健康に対する意識が高く、日頃の色々な健康づくりのひとつに、弊社のサプリメントを挙げていただいたことが嬉しかったです。
また、「グルコサミンの袋が開けやすくなってとても助かる」とのお言葉もいただき、今後もお客様視点でのものづくりに励んでいかなければと思いました。


ご愛用いただいている製品: グルコサミン&コラーゲンEX