青い鳥広場


健康長寿のための12か条をご存じですか?

健康で長生き!の願いは皆さま同じではないでしょうか。長寿社会を健やかに過ごすために、『健康長寿ガイドライン』の中にある「健康長寿のための12か条」をご紹介します。

『健康長寿新ガイドライン』は東京都健康長寿医療センター研究所の健康長寿新ガイドライン策定委員会が策定したもので、同センターの長年にわたる健康長寿の疫学研究の成果を中心に、多くの専門家による議論検討会を経て集約されています。(平成29年6月公表)

※1フレイルとは、病気や老化などが原因で、高齢者の身体機能(筋力など)や精神活動、認知機能が低下して衰えた状態です。身体的、精神的、社会的な3つの要因から成ります。
※2ウェル・ビーイングとは、直訳では「幸福」。『健康長寿新ガイドライン エビデンスブック』では、「好奇心」「感性」「笑顔」「目標」を大切にし、あるがまま老いを受け入れ感謝の気持ちを忘れず、健やかに生きることとされています。

『健康長寿ガイドライン エビデンスブック』
新ガイドラインの根拠を解説した本です。

■編・著/東京都健康長寿医療センター研究所健康長寿新ガイドライン策定委員会
■定価/1,800円+税(送料別)
■お問い合わせ/社会保険出版社 03-3291-9841(一般書店では取り扱っていません)