青い鳥広場


カーネーション(オレンジ) | 清らかな愛情


カーネーション(オレンジ)

[花ことば] 清らかな愛情

カーネーションは、南ヨーロッパや西アジアが原産地のナデシコ科の多年草。4月から6月にかけて開花し、フリルの花びらが幾重にも重なり合い、ゴージャスさと可憐さを持ち合わせた姿が魅力です。
カーネーションが日本に定着したのは、明治時代の終わり頃とまだ110年ほどですが、今ではキク、バラに次ぐ生産量を誇ります。花持ちの良さは切り花の中でも抜群で、色や形のバリエーションが多く、爽やかな香りを楽しめる品種もあります。
花言葉は「清らかな愛情」。暖かくて明るいオレンジ色は、元気やパワーを与えてくれるので、恋人に、友人にそしていつまでも元気でいて欲しいお母さんへ贈るのには最適ですね。

バラ | 美


バラ

[花ことば] 美

バラは「花の女王」と呼ばれ、古くから世界中の庭を華やかに彩り、人々から愛されてきました。
最大の魅力はその香りで、100kg余りの花弁からわずか30gしか採れないエッセンシャルオイルは、香水の最も重要な成分とされています。
古代エジプトのクレオパトラは、バラの花びらを絨毯のように敷き詰めて、香りでアントニウスをもてなしたとか。
花言葉は、「美」。バラの香りには、美肌へと導くリラックス効果、ホルモンバランスを整える効果など、美に関する様々な効能があると言われています。
庭に植えたり、部屋に切り花を飾ったりと、バラの香りを楽しむ生活は、あなたの魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。

チューリップ(ピンク) | 愛の芽生え


チューリップ(ピンク)

[花ことば] 愛の芽生え

チューリップが、原産地のトルコからヨーロッパに渡ったのは16世紀中頃。オランダの貴族や富裕層の間では、「チューリップ熱」と言われるほど熱心に球根を集め、育てることが流行し、富の象徴として、庭では色とりどりのチューリップが競い合うように咲き乱れていたそうです。
そんなチューリップの代表的な花言葉は「思いやり」。色によって意味を変え、赤色のチューリップは「愛の告白」、ピンク色は「愛の芽生え」といった花言葉がつけられています。
美しい植物を見ると、自らの手で育ててみたくなるのは今も昔も同じ。チューリップの可憐な姿を見て、園芸を始めてみたくなったとしたら、そこに愛が芽生えたと言えるでしょう。

hifmidのヒト Vol.12:児玉 亜希子


 [ヒフミド]に関わっているメンバーをご紹介してきた【hifmidのヒト】も今回が最終回になります。
今回は、[ヒフミド]製品を担当して4年目となる児玉こだま 亜希子あきこをあらためてご紹介したいと思います。
◆2000年4月入社(もうすぐ20年目です)
◆好きな[ヒフミド]:マイルドクレンジング
◆星座:ふたご座 ◆血液型:B型

続きをみる

沈丁花 | 歓迎


じんちょう

[花ことば] 歓迎

沈丁花は、遠くまで漂う香り高い花を咲かせるジンチョウゲ科の常緑低木。花は外側が桃色で、内側は白色の小さな花が塊となって枝先に咲きます。
花のように見えるのは実は肉厚のがく。樹高は1〜1.5mほどで、枝がよく分岐するので丸くこんもりとした樹形を保ちます。緑の少ない春先に、青々とした葉と甘い香りが人気で、古くから庭木によく使われています。
春の到来を告げ、喜びを伝える花として知られ、そのイメージから「歓迎」の花言葉がつけられました。金木犀が秋の憂いや哀愁を感じさせる香りなのに対し、沈丁花の香りは春への憧れや心躍る感情をくすぐるような甘美さを持ち合わせているのではないでしょうか。

hifmidのヒト Vol.11:森本 朱美


[ヒフミド]に関わっているメンバーをご紹介していく【hifmidのヒト】。
第11回は、[ヒフミド]の情報誌などの制作や編集を担当している森本もりもと朱美あけみをご紹介します。

◆入社12年目
◆好きな[ヒフミド]:バーム エクストラリッチ(知る人ぞ知る[ヒフミド]の銘品!?)
◆星座:ふたご座 ◆血液型:AB型

続きをみる