青い鳥広場


カテゴリー:

スタッフブログ

青い鳥ニュース: 「血栓症予防啓発シンポジウム」に小林製薬が協賛しました。


今年2月、朝日新聞社主催による血栓症予防啓発シンポジウム「脳梗塞・心筋梗塞を防ぐ健康習慣とは」が大阪で開催され、小林製薬が協賛しました。
今回のシンポジウムでは、東京医科大学 健康増進スポーツ医学分野 主任教授の浜岡隆文先生が、医学博士の立場から、血栓症の基礎知識などを図やグラフを用いて、分かりやすくご説明くださいました。

続くパネルディスカッションでは、参加したパネリストが日々実践されている食事や運動に対して、浜岡先生が血栓症予防の点からアドバイス。聴講者の方々から事前に寄せられていた質問にも回答し、健康や血栓症への関心の高さが伺えました。
これからも弊社は、より多くの方々の健康にお役立ていただけるようなイベントに協賛してまいります。

青い鳥ニュース:小林製薬の通信販売をご利用のお客様との座談会を開催しました!


昨年11月末、小林製薬の通信販売をご利用されている16名のお客様にお集まりいただき、大阪で座談会を開催しました。「とくとく便り」「青い鳥広場」など、弊社からお送りしている冊子について、実際に手に取っていただきながらお話を伺いました。

毎回読まれる記事についてや、現在興味をお持ちの話題、誌面の読みやすさや内容の分かりやすさなど、幅広く皆さまのご意見やご感想を頂戴することができました。なかには厳しいご意見もありましたが、お客様のお話を直接お伺いできたことに感謝しております。皆さまからいただいたご意見やご感想を一つひとつ真摯に受けとめ、より読んで楽しく、お役に立てる誌面づくりに努めてまいります。

最後に、座談会にお集まりいただきました皆さまへこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

青い鳥ニュース:大阪府主催の「食の安全安心シンポジウム」に、弊社の研究員がパネリストとして登壇しました。


昨年10月に大阪府主催の「食の安全安心シンポジウム」が開催され、弊社研究開発部の吉川がパネルディスカッションに登壇しました。
今回のシンポジウムは、大阪府が行う食の安全や健康に関連した啓発活動の一環として、生活習慣や健康状態に合わせて栄養補助食品を利用できるよう、安全性や有用性などの基本的な知識を学ぶ勉強会や、意見交換が行われました。

パネルディスカッションでは、食品安全委員会の職員、医療関係者、消費者代表とともに、様々な議論が交わされました。
壇上では、消費者の方からの「テレビなどを見ていると、どれを摂ればいいのか迷うことがある」という発言に、弊社の吉川は「サプリメントにはお薬との飲み合わせもありますので、ご自身で判断される前に、まずはお電話でご相談されることをおすすめします」と答えました。そのほか会場からは、ビタミンCなどの成分や漢方のことまで様々な質問が投げかけられ、各専門家が回答しました。
私たち小林製薬は、栄養補助食品を提供する事業者として、今後もこうした機会を通じ、より多くの方々に情報をご提供し、理解を深めていただけるように努めてまいります。

青い鳥ニュース:第25回 日本排尿機能学会で「機能性食品の排尿トラブルの改善作用」のセミナーを共催しました。


今年9月、「第25回日本排尿機能学会」が行われ医師をはじめとする医療関係者が多数参加しました。
小林製薬は、静岡県立大学大学院薬食研究推進センター センター長 山田 静雄先生を座長とする、教育セミナー「機能性食品の排尿トラブルの改善作用」を共催。山田先生の講演では、植物由来成分に関する研究が紹介され、機能性食品の正確な情報提供と、その基礎になる科学的根拠の重要性についても述べられました。

健康に対する関心の大きさから、栄養補助食品や機能性食品への期待が高まっています。
小林製薬は、基礎研究や臨床試験、安全性の確認などによって、食品成分が持つ機能性の有用性や安全性の科学的検証を重ねています。
今後も引き続き、それら研究のサポート、啓発活動を積極的に行ってまいります。


一般社団法人日本排尿機能学会は、排尿機能研究の発展と進歩、国民の健康増進に寄与することを目的としています。泌尿器科医だけでなく産婦人科医、神経内科医、薬理学者など様々な専門家が参加している学術団体です。