青い鳥広場


カテゴリー:

スタッフブログ

青い鳥ニュース 日本農芸化学会で杜仲葉「ゲニポシド酸」の発表がトピックス賞を受賞しました!


小林製薬では、杜仲葉の健康に対する作用研究を15年以上続けており、その研究成果として、杜仲葉エキスのマルチな働きを明らかにしています。

最新の研究では、杜仲葉エキスに含まれる成分「ゲニポシド酸」の新たな働きが確かめられました。そこで今年3月に開催された「日本農芸化学会2018年度大会」で、ゲニポシド酸のこの新たな臨床研究の結果を口頭発表しました。

信州大学農学部などとの共同研究から生まれたこの研究発表に対し、大変光栄なことに、一般講演1,878件を含む2,183件の全演題の中から、大会トピックス賞を受賞、表彰いただきました。社会的インパクト、科学的レベルなどの観点より選定されたとのことです。

本研究成果によって、杜仲葉エキスのさらに幅広い利用の可能性が期待され、このように学会発表や表彰などのご報告ができるのは大きな喜びです。成分や素材の科学的根拠を積み重ねることで、お客様に信頼と安心、実感をお届けできるよう、ますます研鑽に励んでまいります。

青い鳥ニュース 『「桜」植樹会in岩沼海浜緑地』に参加しました!


続きをみる

青い鳥ニュース 第10回『健康食品安全性勉強会』を実地しました!


小林製薬では安全性や品質管理への意識を共有し、一緒に高めていくために協力会社などを招いて、年に一度勉強会を実施しています。

今年2月に行なった勉強会のテーマは、食品の製造における国際基準の衛生管理体制「HACCPハサップ」について。起こり得るトラブルをあらかじめ予測し、被害を未然に防ぐ管理手法で、日本でも2020年に導入の義務化が検討されており、食品業界全体が注目しています。

食品会社や原料メーカー数社にHACCPなどを導入した際の取り組みや、その効果について講演いただき、その後のパネルディスカッションでは、現場レベルでの安全性をはじめ、欧米における取り組みの現状、海外原料の取り扱いに関して議論が交わされました。
最後に弊社からは数年前より監査をさらに強化し、HACCPに基づいた危害分析や現地査察を行っていることを報告。今後も安全性を徹底していく意向を伝え、認識を共有しました。

お客様に安心・安全な製品をお届けすることができているのは、多くの協力会社のおかげです。これからも勉強会を通じて、食品の安全・品質に対する意識を高めてまいります。

青い鳥ニュース 視覚障がい者の方の快適な生活を応援する『アイメイト(盲導犬)』支援活動を 行っています!


小林製薬グループでは2010年から、「公益財団法人アイメイト協会」へ盲導犬育成費の寄付を行っており、株主様のご厚意により積み立てられた費用も寄付させていただいています。

昨年8月にアイメイト育成費の寄贈式を実施しました。弊社からの寄付金により育成されたアイメイトは今回で5頭目です。このたびパートナーとなられた石川様からは、「アイメイトは私の目となり、よく働いてくれます。おかげで旅行にも行くことができました。心から感謝しています」と、喜びのお声をいただきました。

「社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会」の調査によると、日本国内では年間約150頭の盲導犬が育成されています。しかし、盲導犬を待っている視覚障がい者の方は3,000~4,000人いると言われており、圧倒的に数が足りていないのが現状です。一人でも多くの方に盲導犬が届き、安心して自由に外出できるよう、弊社では引き続きアイメイトの支援活動を行ってまいります。

「わたしの健康自慢」川柳 作品大募集!


「元気すぎてこんな事が!」「周りからびっくりされた」など、皆さまの健康にまつわる楽しいエピソードを川柳にしてみませんか。
お寄せいただいた川柳は、川柳作家の大西 泰世先生が審査選考。優秀作品は、大西先生の評価コメントと共に青い鳥広場8月号で発表いたします。
ご応募お待ちしております!

続きをみる

青い鳥ニュース 慶應義塾大学のオープンリサーチフォーラムに協賛企業として参加しました!


昨年11月、慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)のオープンリサーチフォーラムが開催されました。

このフォーラムは、同大学の研究成果を広く社会に公開することを目的として、毎年実施されており、小林製薬も協賛企業として参加。「健康長寿に向けたヘルスサイエンスの取り組み」を議題に、平均寿命と健康寿命の差を縮める大切さなど、最先端の研究に熱い議論が交わされました。

パネリストの1人、プロスキーヤーで博士(医学)でもある三浦 豪太特任准教授は、80歳でエベレスト登頂に成功した父親について、写真と共に解説しました。「事前のプレ登山では失敗が続きましたが、父は決してあきらめてはいませんでした。筋力があれば登頂できると科学的仮説をもとに、5年かけて筋肉を鍛え、80歳時の筋力は20歳代男性と同じでした」と紹介。アンチエイジングの可能性に結びつけました。

小林製薬では今後も様々な取り組みを通して、健康寿命の延伸をはじめ、健康のあるべき姿を追及してまいります。