ご利用ガイドトップ  > 私たちの取り組み

製薬会社だからできること

私たちの取り組み

小林製薬の栄養補助食品は、すべての品目で残留農薬検査を実施しています。

小林製薬の栄養補助食品は、すべての品目で残留農薬検査を実施しています。最終商品は全て、開発時の最新レベル(2008年度は約400項目)の残留農薬検査を実施し、安全を確認したうえで発売しています。また、農薬の残留が懸念される植物由来原料などを使用している場合は、原料そのものについて、リスクに応じた残留農薬検査を実施しています。

検疫所が指定する項目や原料、商品のリスクなどに応じて、検査項目や検査の頻度を変え、万全な体制を整えます。

分析に関しては公正を期すため、分析能力に関する国際規格(ISO 17025)の認定を受けている第三者試験機関で実施しており、客観的な分析結果を実現しています。検査する農薬の種類は、厚生労働省が毎年指定する「検疫所モニタリング検査項目」をもとに、原料メーカーや行政から得た情報を参考にしながら独自の基準を設けて選択しています。また、毎年、最新の情報に基づき、検査項目を見直しています。


次へ


このページのトップへ

Copyright© 2015 Kobayashi Pharmaceutical Co,.Ltd.